大阪でできる満足・納得のマンションリフォームはコレや!

MENU
TOP » 実は怖いマンションリフォームトラブル » 工事中のトラブルポイント

工事中のトラブルポイント

リフォーム工事をお願いするにあたって、あとからトラブルに巻き込まれないように気をつけておきたいポイントをまとめています。

工事中に起こりやすいトラブルをチェック!

新しく生まれ変わった部屋での生活を考えるとワクワクするものですが、リフォーム工事中にトラブルが発生してしまっては、せっかくリフォームしても気持ち良く過ごすことができません。

マンションの場合、同じ敷地で生活をしているので、近隣住民への配慮は充分に行なうべきです。リフォームの際、とくに気をつけたいポイントを押さえておきましょう。

1.管理組合に許可を取る

工事の内容が決定したら、まずはマンションの管理組合に届け出をして、承認を受ける必要があります。この承認がなければリフォーム工事をすることができないため、忘れずに行なってください。

2.業者のための駐車スペースを確保

工事の当日、業者は車で来ることがほとんどです。それも、リフォームの内容によっては1台だけでなく、2~3台になることも。

マンションにある来客用の駐車スペースが確保できれば良いのですが、そうそうスペースがあるわけでもないため、自分の都合で占領してしまうのは気が引けてしまいますよね。

ご近所さんに迷惑をかけることがないよう、近くにあるコインパーキングの場所をチェックし、駐車してもらう場所はあらかじめ決めておきましょう

3.工事には養生を行なってもらう

資材などを運び入れる際や塗装を行なう場合、自宅はもちろん、共用部の床や壁を汚損されては困りますよね。業者とのトラブルも防げるので、養生(シートやテープなどで破損を防止すること)は必ずしてもらってください。

4.事で発生する騒音や振動のお詫び

リフォーム工事では、騒音や振動が必ず発生します。両隣や上下の部屋はもちろん、広範囲にまで伝わることがほとんど。

また、塗料のにおいにも注意が必要です。においはベランダや換気口などから周辺に伝わっていきます。使用する塗料は、なるべくにおいの強いものを避けてもらえるよう、業者に相談してみるのも良いかもしれません。

近隣トラブルを未然に防ぐためにも、リフォーム工事が始まる前に、両隣や上下だけでなく、斜め上下の住民にも一言お詫びしておきましょう

5.工事の日程や職人のマナーに対する配慮を欠かさない

工事の日程は、休日・早朝・夜など、在宅中の人が多い時間は工事を避けましょう。他の住民がエレベーターや共用部分を使用することが多い日や時間帯も、避けるに越したことはありません。

また、工事をしてくれる職人のマナーが悪いとトラブルの火種になってしまいます。喫煙場所でないところでタバコを吸っていたり、ゴミを放置したりされるケースが実際にあるようなので、マナーがきちんと守れる職人を抱えている業者を選ぶようにしましょう。

工事中のラブル心配無用のおすすめマンションリフォーム業者5選@大阪>

太郎のひと言

マンションリフォームでめっちゃ大事なんは、近隣住民への配慮なんやで。マンションは戸建よりもお隣さんとの距離が近いからなぁ。工事が始まる前に、きちっと挨拶しに行かなあかんで!

大阪のマンションリフォーム業者3選
サンリフォーム
マンションリフォーム専門

マンションリフォーム専門
施工実績50,000件以上

受賞歴

オリコン日本顧客満足度ランキング
マンションリフォーム近畿部門 第1位

マンションリフォームの専門やから色々よう知っとるし、慣れとるんやわ。なんせオリコン顧客満足1位や!
そりゃバッチリな会社に決まっとる。
スペースアップ
戸建て含む一般リフォーム

戸建てとマンション両方含めて
施工実績84,965件以上

受賞歴

TDYリモデルスマイル作品コンテスト
2013審査員奨励賞ほか

営業から施工管理まで1人が窓口なんわええな。また見積もりをはよ出してくれるところも、お客さん待たせたらあかんゆう心意気を感じるわ。
ナサホーム
戸建て含む一般リフォーム

戸建てとマンション両方含め
施工実績38,000件以上

受賞歴

経済産業大臣表彰平成26年度
「先進的なリフォーム事業者表彰」

一戸建てリフォームに強い会社だけあって、めちゃすごいリフォーム考えてるなら、建築家とコラボしてみるっちゅうのは今風でええんちゃう?
大阪のマンションリフォーム業者おすすめ5選
PAGE
TOP
Copyright (C) 失敗しないマンションリフォーム業者の選び方~大阪編~ All Rights Reserved.