大阪でできる満足・納得のマンションリフォームはコレや!

MENU
TOP » 実は怖いマンションリフォームトラブル » 悪質業者の手口

悪質業者の手口

マンションリフォームをする時に気をつけたい、悪質業者による手口や見極め方をまとめています。

マンションリフォームでの悪徳業者の手口とは?

「全体的にリフォームしたい」「浴室の内装だけ変えたい」などの要望を叶えてくれるマンションリフォームの施工会社は、数多く存在しています。ほとんどが良心的で信頼のおける業者ですが、中には悪質業者もいます。

ここでは、悪質業者の手口や見極め方について解説しています。業者選びの参考にしてみてください。

突然、訪問で現れる

何もお願いしていないのに、急に訪問してくる業者がいます。「無料で○○診断をしています」と言って、耐震診断や外壁・屋根の劣化診断、シロアリ診断などを勧めてくるパターンが多いのが特徴です。

無料と言って始めておきながら、有料でないと詳しい検査ができないとして、最終的にお金を請求されるケースが多々あります。

また、「ご近所で工事をしているので、ご挨拶に伺いました」という場合も要注意!挨拶だけで終わればとくに問題はありませんが、リフォームを勧めてくるようなところには用心しましょう。

古い家や老人だけの家が狙われやすい

築年数の経ったマンションの場合、何かと理由をつけてリフォームを勧めてくる業者がいます。とくに、風呂場やトイレなどの水廻りに対して「早く直さないと、下の住人に迷惑がかかりますよ」と不安をあおり、契約させようとする場合が多いようです。

また、高齢者の家は悪質業者に狙われやすいと言われています。高齢者と一緒に住んでいる場合は、「1人の時は居留守を使う」といった対応をお願いして、注意を促しておきましょう。

契約を急かしてくる

悪質業者に限ったことではありませんが、「今この場でご成約なら○○円値引きできます」といったセールストークは危険です。正規キャンペーンの場合があるものの、値引き率やサービスが大きければ大きいほど、疑ってかかったほうが無難だといえます。

また、大手企業の名前を出したり、大手企業と似たような名前を出して信用させるというケースもあるので要注意です。

契約後、すぐに工事をしようとする

家の中をよく見ていなかったり、設計や施工の説明もろくにせずに工事を始めようとする場合には「待った」をかけ、きちんと説明してもらうようにしましょう。次から次へと、別の工事を勧めてくる場合も注意が必要です。

万が一、契約してしまった場合には、クーリングオフが適用できる可能性があるので、国民生活センターに相談することをおすすめします。

大幅値下げや特別価格を提示してくる

悪徳業者の手口に、「今契約をしてもらえれば、特別価格で工事できますよ」「近くまで来ているから運搬費や交通費の分を割引できます」など、殊更にお得感を強調してくる場合があります。
特に、「通常なら〇〇万円ですが、特別に半額にします」などのように、最初に高い価格を提示して値下げしてくるパターンには注意が必要です。

リフォームの費用は、工事の内容や業者によって金額が異なり、ある程度の相場はありますが基本的に業者の言い値になります。
そのため、通常価格が最初に提示された金額かどうかは、その場で確認することができません。

相場を知らないと、大幅割引でお得なように感じるかもしれませんが、実際には割引された金額が通常価格だったりしますので、甘い言葉に惑わされないようにしましょう。

適正価格を知るためには、ネットなどでほかの業者が提示している金額を調べて相場を知り、値下げや特別価格が真実かどうかを確認する必要があります。

少しでもあやしいと思う場合はその場で契約せず、リフォームが必要な場合は複数の業者に見積もりを取ってもらうようにしましょう。
「今だけ」とか「この場限りの特別価格」という言葉に乗せられないように注意してください。

他の場所も勝手に工事する

悪徳業者のやり口に、補修が必要な部分だけ依頼したのに、ほかの箇所も勝手に工事してその費用を請求するというものがあります。

たとえば、見える範囲で屋根が傷んでいる部分だけを補修するはずが、「ほかの部分も雨漏りしそうなのでついでに直しておきました」とか、基礎の傷んでいる部分を補修するだけなのに「シロアリがいたので駆除しておきました」など。

実際に傷んでいたのか、シロアリがどの程度いたのかなどは、補修の後では素人には判断がつかないので、実際に工事をされてしまった後では費用を支払わざるを得ない状況に陥ってしまいます。
しかし、本来なら契約した箇所以外を勝手に修理するなどありえないことですし、勝手に工事をしたというだけでもあやしい業者であることが手に取るように感じられますよね。

そのため、補修内容は口頭ではなく最初にきちんと契約書を交わしておき、ほかの部分の補修が必要な場合はその都度申し出ることなどを確認し、工事している間も目を離さず、監視するくらいのつもりでいるようにしましょう。

マンションの場合は、屋根や基礎などの心配はありませんが、ドアや窓、水回りの設備などを勝手に工事される恐れがありますので、近くで見張っている方が安心です。

外から見えるところに欠陥があると不安を煽る

悪徳業者のよくある手口に、「近くの家で工事をしていたら、お宅の家の壁にひび割れができているのが見えまして・・・」などのように、実際に見える部分の欠陥を指摘してくるやり方があります。
実際にひび割れなどがあれば、住んでいる人も不安になりますし、親切心で申し出ている体を装ってくるので、つい依頼してしまいがちです。
しかし、見た目で分かるひび割れなどでも早急に補修が必要でない場合もありますし、屋根などすぐに見られない箇所の写真を見せられる場合も、本当に自宅の屋根かどうかわかりません。

確かに、補修が必要な場合もありますが、1日や2日で支障が出ることはそうないでしょう。
もし、不安を感じるようなら、あらためて業者に見積もりを取ってもらって必要な場合にだけ工事を依頼するようにしましょう。

マンションの場合は、一軒家のように屋根や壁が独立していないので、あまり心配はないかもしれませんが、「ほかの部屋で水漏れがあったのでお宅もしたほうがいいですよ」など不安を煽ってくる場合があるので、ほかの部屋の住民に聞いてみるのもいいでしょう。

簡単には見えないところに欠陥があると不安を煽る

悪徳業者のよくある手口に、「床下を見てみたらシロアリがたくさんいてすぐに駆除しないと大変」「基礎が腐っているので危険」など、見えない部分で壊滅的な欠陥があることを知らせて不安を煽るケースがあります。

マンションの場合はそういった心配はありませんが、「無料で点検します」など、自治体から派遣された業者を装って入り込み、床下や壁の内部が傷んでいる、排水管が古くなって水漏れする危険性があるなど、簡単には見えない部分の欠陥を指摘する場合があります。
万が一水漏れなどがあると、階下の部屋にも影響があるため、不安になってしまいますが、やはりその場で契約せず、ほかの業者にも見てもらうようにしましょう。

そもそも、事前に連絡もせず「無料で点検します」などと言って部屋に上がり込むのは、信頼できる業者とは言えません。
身元をはっきり聞き出して、派遣元に確認し、あやしい業者は部屋に入れないようにしましょう。

悪徳業者がよく言うセリフをチェック

これまでご紹介してきたように、悪徳業者が口にする誘い文句にはある程度法則があり、よく言うセリフをチェックしておけば、契約を迫られる前に悪徳業者かどうかを見破ることができるでしょう。

以下に、悪徳業者がよく言うセリフをまとめてみましたので、こんなことを言う業者には気を付けるようにしましょう。

騙されたと思ったら、どうしたらいい?

悪徳業者には、ご紹介してきたようなポイントがたくさんありますが、十分気を付けていたとしても、騙されて工事をしてしまったり、相場より高い費用を支払わされてしまうこともあります。
もし、騙されたと感じたら、泣き寝入りせずにできることをしてみましょう。

公共の相談機関を利用する

騙された!と思った時は気が動転してしまいがちですが、まずは落ち着いて、公共の機関に相談してみましょう。
無料で相談できますし、建築やリフォームの専門家や、訴訟などに詳しい弁護士を紹介してもらうこともできます。

たとえば、業者が必要だと言って行った工事でも、建築士などによって不要だと判断された場合は、支払い済みの金額の返還を求めて工事の契約を取り消すことも可能になります。
実際に相談する前に、各相談機関のサイトではこれまでの相談事例などを紹介していますので、似た内容がないか確認してみましょう。

<主な公共の相談機関>

・国民生活センター
・消費者庁
・暮らしの相談窓口のご案内
・消費者相談室(経済産業省)
・財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
・住まいの情報発信局(住宅情報協議会)

クーリングオフを利用する

クーリングオフは、訪問営業などによって交わされた内容を、8日以内に書面による申し出を行えば契約の解除ができるという制度です。
口頭では利用できませんが、文書を作成して内容証明で郵送すれば、無条件に解約することができますので、契約してから騙されたと感じた場合でも、なるべく早く落ち着いて対処すれば問題ありません。
その場合でも、国民生活センターなどに相談すれば、書面の書き方や条件などを説明してくれますので、一人で悩まずに公共機関を頼ることをおすすめします。

確実なのは実績賞歴が明確な業者。大阪のおすすめマンションリフォーム業者はこちら>

太郎のひと言

頼みもせんのに突然やってくる訪問のリフォーム会社には、充分に注意せなあかん!1人で決めんと、周りの人間に相談することも大事やで。

大阪のマンションリフォーム業者3選
サンリフォーム
マンションリフォーム専門

マンションリフォーム専門
施工実績50,000件以上

受賞歴

オリコン日本顧客満足度ランキング
マンションリフォーム近畿部門 第1位

マンションリフォームの専門やから色々よう知っとるし、慣れとるんやわ。なんせオリコン顧客満足1位や!
そりゃバッチリな会社に決まっとる。
スペースアップ
戸建て含む一般リフォーム

戸建てとマンション両方含めて
施工実績84,965件以上

受賞歴

TDYリモデルスマイル作品コンテスト
2013審査員奨励賞ほか

営業から施工管理まで1人が窓口なんわええな。また見積もりをはよ出してくれるところも、お客さん待たせたらあかんゆう心意気を感じるわ。
ナサホーム
戸建て含む一般リフォーム

戸建てとマンション両方含め
施工実績38,000件以上

受賞歴

経済産業大臣表彰平成26年度
「先進的なリフォーム事業者表彰」

一戸建てリフォームに強い会社だけあって、めちゃすごいリフォーム考えてるなら、建築家とコラボしてみるっちゅうのは今風でええんちゃう?
大阪のマンションリフォーム業者おすすめ5選
PAGE
TOP
Copyright (C) 失敗しないマンションリフォーム業者の選び方~大阪編~ All Rights Reserved.