大阪でできる満足・納得のマンションリフォームはコレや!

MENU
TOP » 大阪のマンションリフォーム成功のポイント » リビング リフォーム成功のポイント

リビング リフォーム成功のポイント

マンション面積の中で広い面積の工事が必要となる、居間のリフォームポイントをまとめています。

マンションリフォームのポイント 居間の床材は遮音性に注目!

リフォームで居間(リビング)をフローリングにしたいと考えている人は多いと思います。おしゃれで人気のフローリングですが、足音や物音が階下に響きやすいというデメリットも。

音によってトラブルが生じ、ご近所との仲が悪くなってしまうというケースは少なくありません。

音によるトラブルを起こさないためにも、居間をリフォームする場合はフローリング選びが大切になります。トラブルを回避するために多くの管理組合では、リフォームで居間の床材をフローリングにする場合の決まりを設定。

厳しいところでは、フローリング自体を禁止しているところもあるほとです。しかし、ほとんどの場合はフローリング材の遮音等級(L値)を指定し、それに合ったフローリング材を使うよう定めています

遮音等級とは、床の音の伝わり方を表す数値のこと。人の足音や飛び跳ねたりするときに発生するLH(重量衝撃音)、スプーンなどを落としたときや椅子を引きずるときに発生するLL(軽量衝撃音)に分類。

L値はLHとLLの両方を総合して判定した数値のことで、数値が小さいほど遮音性が高くなっています。

マンションで使用されている遮音フローリングとは

マンションの居間で使用されるフローリング材のL値は、L-45かL-40というのが一般的です。L-45は人の歩く音や飛び跳ねる音が聞こえるものの気にならない程度であり、物を落とした音や椅子を引いた音が小さく聞こえる程度です。

L-40は人の歩く音や飛び跳ねる音がかすかに遠くから聞こえ、物を落とした音や椅子を引いた音などが気になることはありません。しかし、L-40 にしたからといって階下へ100%音が聞こえないことにはならないので、注意してください。

遮音性の高さに比例して緩衝材は暑くなるので、床の踏み心地が柔らかくふかふかに感じることあります。そのため、収納家具の前を歩くと揺れることも。遮音フローリングにプラスして、フローリングの下に厚めの防音マットを敷くと有効的です。

大阪のマンションリフォーム業者3選
サンリフォーム
マンションリフォーム専門

マンションリフォーム専門
施工実績50,000件以上

受賞歴

オリコン日本顧客満足度ランキング
マンションリフォーム近畿部門 第1位

マンションリフォームの専門やから色々よう知っとるし、慣れとるんやわ。なんせオリコン顧客満足1位や!
そりゃバッチリな会社に決まっとる。
スペースアップ
戸建て含む一般リフォーム

戸建てとマンション両方含めて
施工実績84,965件以上

受賞歴

TDYリモデルスマイル作品コンテスト
2013審査員奨励賞ほか

営業から施工管理まで1人が窓口なんわええな。また見積もりをはよ出してくれるところも、お客さん待たせたらあかんゆう心意気を感じるわ。
ナサホーム
戸建て含む一般リフォーム

戸建てとマンション両方含め
施工実績38,000件以上

受賞歴

経済産業大臣表彰平成26年度
「先進的なリフォーム事業者表彰」

一戸建てリフォームに強い会社だけあって、めちゃすごいリフォーム考えてるなら、建築家とコラボしてみるっちゅうのは今風でええんちゃう?
大阪のマンションリフォーム業者おすすめ5選
PAGE
TOP
Copyright (C) 失敗しないマンションリフォーム業者の選び方~大阪編~ All Rights Reserved.