大阪でできる満足・納得のマンションリフォームはコレや!

MENU
TOP » 大阪のマンションリフォーム成功のポイント » キッチン リフォーム成功のポイント

キッチン リフォーム成功のポイント

マンションリフォームで失敗しないためのポイントを紹介。ここではキッチンについてまとめています。

マンションリフォームのポイント キッチンの制約を知ろう!

リフォームの中でも割合の高いキッチンリフォーム。キッチンは毎日使うので、「排水口や排水管が詰まりやすくなる」「シンクの下から異臭がする」「コンロ周りの油汚れが取れない」「床が傷む」など、劣化や不具合が起こりやすい場所でもあります。

そんなキッチンをリフォームする際に大切なのが、自分のマンションの工法と制約を知ることが大切です。

いま使っているキッチンを同じサイズのシステムキッチンに取り換えるだけというのであれば、特に問題はありません。

しかし「壁付けのオープンキッチンを対面キッチンにしたい」「対面キッチンをアイランド型にしたい」など、形を大きく変える場合にはマンションの工法を知って、何がどこまでできるのかを知っておく必要があります。工法によっては、壁や梁が動かせず、思い通りのキッチンにすることができないためです。

意外に多いのが、壁付きのオープンキッチンを対面キッチンにした場合の失敗。思っていたよりも狭くなってしまったり、暗くなってしまったということがあるようです。

一般的にキッチンの通路のスペースは75センチあればいいといわれていますが、動きやすくするためには90センチを確保するのがおすすめです。

吊戸棚はどうする?

対面キッチンの場合は、吊戸棚をつけるかつけないかで悩む人も多いと思います。吊戸棚があると収納が増えて便利ですが、吊戸棚がないと、キッチンがスッキリと明るくなります

吊戸棚以外で収納が確保できるようなら、吊戸棚を無くしてしまうというのもいいかもしれません。

その他には、シンクや調理台、コンロのバランスを考えておくことも必要です。広いシンクは使いやすいものですが、シンクを広くし過ぎて調理台が狭くなり、料理がしにくくなってしまうケースもあります。

マンションのキッチンリフォームを行う前に知っておくべきこと

マンションのキッチンをリフォームする前に知っておきたいポイントをご紹介します。
この商品がいい!と早々に決めてしまうと、工事段階で施工できないということもありますので注意してください。

キッチンの移動リフォームができるかどうか確認する

キッチンのリフォームでは、壁や床以外に、シンクやカウンターの位置を変えるような工事をすることもあります。
たとえば、壁に面したキッチンをリビング側に向けたカウンターキッチンにしたり、壁から離れたアイランドキッチンにしたりという要望は多いでしょう。
しかし、マンションでリフォームする場合には、配水管の位置によってはキッチンを移動できないこともあります。

キッチンのシンクから出ていく排水は、床下に配置された排水管を通ってパイプスペースと呼ばれる部分まで流れていきます。
パイプスペースの位置は決まっていますし、ある程度勾配がないとスムーズに水が流れていかないので、移動できる範囲はある程度決まってしまうのです。

また、床下に余裕があって排水管を調整できればいいのですが、階下の部屋があってその天井裏を排水管が通っている場合にはあまり移動できません。
ですから、キッチンの室内だけを見て決めるのではなく、配水管の位置取りも確認しないとキッチンの移動リフォームの可否は決められないのです。

また、火を使うキッチンでは換気扇も外せませんが、換気ダクトの位置も決まっているので、梁をまたぐような位置だと、そこに換気扇を移動させることはできないでしょう。

IHヒーターに変更できるかどうか

キッチンカウンターごとリフォームする場合でも、ガスコンロだけ取り換える場合でも、最近はガスを使わないIHクッキングヒーターが人気です。
しかし、マンションの場合は必ずしもIHに変更できるとは言えません。

IHヒーターは電気で調理をするので、200V以上などの高い電圧が必要になってきます。
また、アンペアも50Aくらいはないと厳しいので、使うたびにブレーカーが落ちるようなことになってしまいます。

アンペアを上げるには電力会社に連絡して変更することもできますが、マンションの場合は建物自体の電気供給量も決まっている場合があるので、勝手に好きなだけ上げるというわけにもいきません。
集合住宅でのリフォームは、ほかの家庭に影響がでないかどうかも気にしないといけないのです。

リフォームするタイミングにも注意する

リフォームするタイミングについては明確な目安はありません。
「使いづらくなってきたから」「蛇口が壊れたから」「リフォーム資金が貯まったから」など、ご家庭によってそれぞれでしょう。

しかし、ある程度の適したタイミングというものもありますので、計画を立てる時には以下のことを参考にしてみてください。

キッチン設備や水回りの耐用年数をチェックする

キッチンなどの水を使用することの多い箇所では、設備の劣化がほかの家具よりも早く、一般的にキッチン本体の耐用年数は10年から20年程度と言われています。
ガスコンロやIHヒーターも長く使えば故障しやすくなってきますし、換気扇から異音がしたり、蛇口から水漏れがあったり、排水溝が詰まってきたりと、いろいろな不便が生じてくるでしょう。

故障しないまでも、汚れや傷が目立ってきて古臭くなってくるので、やはり長くても20年くらいたったらリフォームを検討するのがいいでしょう。
全体的なリフォームが難しいようなら、蛇口やガスコンロ、換気扇など部分的に変えるだけでも不具合を避けることにつながります。

中古物件などに住んでいる場合は、キッチンがどれくらいの期間使われているのか確認してみるといいでしょう。

大阪のマンションリフォーム業者3選
サンリフォーム
マンションリフォーム専門

マンションリフォーム専門
施工実績50,000件以上

受賞歴

オリコン日本顧客満足度ランキング
マンションリフォーム近畿部門 第1位

マンションリフォームの専門やから色々よう知っとるし、慣れとるんやわ。なんせオリコン顧客満足1位や!
そりゃバッチリな会社に決まっとる。
スペースアップ
戸建て含む一般リフォーム

戸建てとマンション両方含めて
施工実績84,965件以上

受賞歴

TDYリモデルスマイル作品コンテスト
2013審査員奨励賞ほか

営業から施工管理まで1人が窓口なんわええな。また見積もりをはよ出してくれるところも、お客さん待たせたらあかんゆう心意気を感じるわ。
ナサホーム
戸建て含む一般リフォーム

戸建てとマンション両方含め
施工実績38,000件以上

受賞歴

経済産業大臣表彰平成26年度
「先進的なリフォーム事業者表彰」

一戸建てリフォームに強い会社だけあって、めちゃすごいリフォーム考えてるなら、建築家とコラボしてみるっちゅうのは今風でええんちゃう?
大阪のマンションリフォーム業者おすすめ5選
PAGE
TOP
Copyright (C) 失敗しないマンションリフォーム業者の選び方~大阪編~ All Rights Reserved.